子供の寝つきをよくするための方法

子供の寝つきが悪いと、ママも寝不足になり疲れがとれずイライラがつのってしまうもの。子育てを楽しく乗り切るためには、子供がぐっすりと寝てくれることは重要になるでしょう。子供の寝つきをよくするためには、毎晩決まった時刻に就寝させることが大切でしょう。生活リズムを一定にしてあげることで、その時間になると自然と眠たくなるようになると言われています。また寝る前には、ホットミルクなどを飲ませるとよいと言われています。牛乳にはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれており、眠気を誘う効果が認められています。さらにアロマを利用してリラックスさせるのもよいでしょう。特にラベンダーの香りは、ストレスを軽減してイライラを抑えてくれる働きがあります。お子さんだけでなく、ママもアロマの香りに包まれることによって、心身ともにリラックスした状態になれるでしょう。バスタイムにアロマオイルを使用すれば、入浴も楽しくなると思いますよ。

睡眠不足を解消してくれるアロマ

疲れているのに、なかなか眠れないという経験はありませんか。しっかりと睡眠をとらなければ、疲労は取れませんし、寝不足の状態が続くと、疲労が蓄積して免疫力が低下したり、病気にかかりやすくなったりします。また睡眠不足はストレスを増強させてしまうので、なんとか心地よい眠りをしたいと考える人も多いでしょう。そんな時におすすめなのが、アロマオイルです。アロマにはラベンダーやベルガモット、ローズなど様々な香りがあり、自分の好みの香りをたくことで心をリフレッシュすることができるのです。アロマのある生活は心にゆとりが生まれるだけでなく、身体的にも疲れを緩和してくれ、スムーズに眠りへと導いてくれるので、睡眠不足を解消できるでしょう。アロマは女性に人気がありましたが、最近では男性でもアロマ好きな人が増えています。生活用品でもアロマの香りをプラスした洗剤や消臭スプレーなども販売しており、よりアロマが人々の生活に身近な存在になっていると言えるでしょう。

歯周病にならないために食べ物にも気をつけよう!

実はとても恐ろしい歯周病。
年齢を重ねて、自分の歯が一本も無い!なんて自体になるのは絶対に避けたいですよね。

歯磨きやデンタルフロスを使っての歯石除去以外にも、例えば食べ物に気をつける事で歯周病のリスクを減らせる事をご存知でしたか?

例えば噛みごたえのあるものを食べる、というのも一つの手です。
固いものや噛みごたえのあるものを食べると唾液が沢山分泌されます。
唾液が分泌されると口内の最近が唾液と一緒に胃の中に流されるので、最近を増やさないでいる事が出来ます。

また、食物繊維が豊富なものを食べるのもいいですね!
食物繊維が食べ物のカスをグッと絡めて除去してくれるので、食べカスが残りづらくなるんです。

些細な事ですが、こういった小さな積み重ねが歯周病を防ぐポイントにもなりますので、覚えておいて損はないですね!

生理中はアロマの香りでリラックスしよう

女性ならば月に1度くる生理が憂鬱に感じたことがある人も多いでしょう。体の不調だけではなく、急にイライラしたり悲しくなったりと精神的にも調子がいまいちになってしまう生理中は、やる気が起こらず何もしないなんていう日もあるでしょう。気持ち的にもブルーになりがちな時だからこそ、リフレッシュすることが大切なのです。ゆったりした時間を過ごすためにおすすめなのがアロマです。アロマの香りに癒されれば、気持ちも明るくなれるでしょう。おすすめのアロマの香りはいくつかあります。まずはバジルです。バジルときくと、ピザやパスタなどの料理に使用するイメージが近いですが、スパイシーな香りがあるので憂鬱な気分解消にはぴったりなのです。また鎮痛効果もあるので、生理痛も和らげてくれるでしょう。またクラリセージもおすすめです。クラリセージは女性ホルモンであるエストロゲンに似ている働きをしてくれるので、ホルモンバランスを整えることができるので有効でしょう。